買い物依存症

買い物依存症とは、「あれが欲しい」と一度思うと買うまでそのかとが頭から離れず仕事にも家事にも集中できないといった症状がでてくることです。

買い物依存症の原因は、現状の生活に対する不平不満があるためです。

女性の場合は夫の両親との不仲説が発症の引き金だった李、子育てのストレスだったり、不満を心に溜め込んでいるうちにその溜まった感情が買い物に向かってしまうのです。

生真面目で融通がきかず、わがままで自己主張が強いタイプに多いそうです。

仕事や子育てといった現実が自分の思うようにならないのは決して珍しいことではないので、普通なら「そんなもの」と諦めることができたり、気軽に考えたりするのに、それが出来なくて不満を溜め込みやすいのだと思います。

依存症になってしまった人は、物を大量に購入しますが、その4割は実際には使わないと言います。女性で依存症になった人の中で「買い物中のお客様気分がたまらない。いつもは誰も私のことを気にかけてもくれないのに買い物中は店員さんなりが近づいてきて、万能感が味わえる」と言います。

買い物依存症とは一つのことに病的に固執する強迫性障害に似た疾患であると言えます。そのため、最近では強迫性障害の治療使う抗うつ薬が買い物依存症の改善にも効果があると分かってきたそう。

もちろん誰しも購買欲というのはありますよね。それが週に三日以上、それも日に何時間も買いたい・どうしえも欲しいという思いにとらわれてその間他の事に集中できなかったり、我慢するのがとても不快であったりしたら正常とは言えませんね。

買い物依存症は周囲から見ると欲望の赴くままに行動している様なので家族からも同情されにくいという特徴があります。

実際には本人の苦しみは大きいんですけどね・・・

アルコール依存症の禁断症状のように買い物依存症を我慢するのは苦痛だし、かといって買ってしまえばあとから激しい自己嫌悪に襲われてしまいます。買い物を繰り返すために消費者金融などから借金をしてそれが大きく膨らみ生活が破たんしてしまう恐れもあります。

なぜそんなに買うのかと責めるのは本人を追い詰めるだけです。

私の友人で水商売をしている子がいるのですが、買い物依存症になり、消費者金融でお金を借りてまで買い物をしていた子がいます。

ちなみにこういったところでキャッシングをしていたそうです・・・http://xn--nckgu1cyjxdp312a4egxz0c.net/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>